岩田労務管理事務所

長時間労働の削減

「長時間労働」は、大手企業の若手社員の過労自殺という痛ましい事件以来、労働基準行政でもより一層厳しく取締まられるようになりました。
働き方改革実行計画の中で謳われている、罰則付き時間外労働の上限規制の導入等、法制化の後押しを受けて、長時間労働の削減について、企業の意識も高まってきています。
しかし実際に長時間労働の削減に取り組むとなると、ほとんどの企業が何から手をつけていいのかわからないというのが現状だと思います。
人手不足の現状で、長時間労働の削減に取り組むためには、一体どうすればいいのでしょうか?

残業を減らしたい

長時間労働削減の取組

長時間労働削減の取組の多くは、企業風土や収益構造を根底から見直すことになります。
長時間労働の削減を行うためには、

  • 1. 原因究明
  • 2. 原因を作り出している要素の洗い出し
  • 3. 解決に向けての取組方法の模索
  • 4. 取組方法決定とスケジュール化
  • 5. 実際の取組(制度改革・新しい機器の導入等・風土改善(意識改革))
  • 6. 取組事項の振返りとフィードバックの繰返し

  • という経緯をたどります。
    削減策の中で、生産性の向上、収益構造の見直し、取引先との関係性の見直し、深く浸透した時間外労働の概念の見直しなど、いくつもの障壁や課題をクリアしていくことが必要になります。
    長時間労働の削減は一朝一夕に改善するものではなく、長いスパンで少しずつ改善していくという覚悟を持って行うものとなります。

トップダウンでしか進まない

長時間労働の削減は、企業の体質改善を伴います。今までの方向性を変えていく必要が生じるため、少なからず痛みを伴うこともあります。
一部の社員に任せておくだけでは一向に進みません。
トップからの強いメッセージを発信し続け、必ず目標値まで削減するという覚悟を全社員で共有できないと、計画倒れしてしまいます。
長時間労働の削減はトップダウンでしか進みません。
削減自体は、効率化と切っても切り離せない関係にあり、「より効率的に、より高い生産性をもたらすためにはどうしたらいいのか」を追究することになります。
そのため、自ずと企業活動を改善していく方向に進むことになります。

長時間労働削減とワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランスを体裁だけのものにしないために、”ワーク・ライフ・バランス”という言葉の定義をしっかりとしておく必要があります。
ワーク・ライフ・バランスとは、社員が高い生産性を保ちつつ、効率的な働き方をした結果もたらされる、社員のプライベートな時間の確保であると考えます。
社員が私生活における充足や家族の中での役割を果たすための時間を確保するには、限られた時間できっちり業務を遂行してもらうという前提がなければ、企業経営自体が成り立ちません。
そのために、社員が労働生産性を向上しつつ、ワーク・ライフ・バランスを実現できるような仕組みを整えるのが、企業としての役割ではないでしょうか?
現状のムダを見直し、長時間労働を削減することにより、目に見える形でワーク・ライフ・バランスを推進することになります。

長時間労働の削減に向けて

岩田労務管理事務所では、長時間労働の削減に向けて細かいヒアリングによって、貴社の現状分析を行います。
また長時間労働の原因となっている要素を洗い出し、それぞれの現状に合った長時間労働の削減策をご提案します。
それらの削減策には、制度の改革・仕組の導入・風土改善が含まれます。
貴社に寄り沿いながら、1つ1つの削減策についての取組支援を行います。

長時間労働の削減コンサルティング

長時間労働の削減コンサルティング

料金は、貴社の状況によって変わりますので、まずはご相談ください。

長時間労働の削減コンサルティングは、
貴社の生産性アップに貢献します。

お問い合わせ 残業を減らしたい

新着情報

悩み相談

業務内容

ページトップ