岩田労務管理事務所

国際対応コンサルティング

急激なビジネスのグローバル化と、少子高齢化による人口減少のあおりを受けた外国人雇用の増加により、自社の中に多様な国籍の社員が混在することが、珍しくなくなりました。さまざまな国籍の社員に対して、英語で労務管理を行う必要性も高まってきています。

英語しか理解できない社員に対応したい

英語対応が必要な要因

企業の中で多様な国籍の社員への労務管理が急務になってきています。
その要因の1つはビジネスのグローバル化です。国境の垣根を超えたグローバルなビジネス展開を実現するために、多様な国籍の社員の雇用を積極的に行う企業が増えています。
もう1つの要因は、少子高齢化による人材不足による人員確保です。ここ数年さまざまな国からの日本への労働力の流入が著しいスピードで進んでいます。
こうした流れを受けて、世界共通言語である英語での労務管理が必要になる機会がますます増えてきています。

「英語だけ」でもなく、「労務管理だけ」でもない

「英語が話せる社員がいるから…」というだけで、適切な労務管理の対応ができていると思っていませんか?
英語が話せる社員がいても、専門的な労務に関する知識のないまま、外国人社員に就業規則の説明や各種労働・社会保険の給付等についての説明や対応をすることはできません。
あるいは、日本語を理解できない外国人社員に対し、労務管理上のさまざまな英語での対応が後手に回り、新たな労務トラブルを生むという現象が起きていませんか?
日本の労働・社会保険諸法令は非常に難解で、しかも多岐に渡るため、日本人が理解するのも大変です。たとえ英語ができる社員がいても、理解できないものは言語化して説明することはできません。
日本語を理解できない社員が、会社の規約・就業規則を理解できないまま雇用されている状態も、トラブルが起こる温床となります。
また、日本の商習慣や労働・社会保険諸法令を知らず、日本語を理解できない外国籍の社員に、日本の労働・社会保険に関する制度や規則を説明するというのは、至難の業です。結果として対応が十分できずに、トラブルに至ることがよくあります。

英語対応のサービス

岩田労務管理事務所では、日本の労働・雇用・社会保険関係の豊富な経験とアップトゥデートな知識をベースに
・就業規則の作成(英語対応)
・雇用契約書の作成(英語対応)
・その他労働・雇用・社会保険関連の文書の作成(英語対応)
・労働・社会保険諸法令に基づく法令および手続きについての社員の方へのご説明(英語)
のサービスを行っております。

国際対応コンサルティング

国際対応コンサルティング

料金は、貴社の状況によって変わりますので、まずはご相談ください。

国際対応コンサルティングは、
貴社の国際化を支援します。

お問い合わせ 英語しか理解できない社員に対応したい

新着情報

悩み相談

業務内容

ページトップ