岩田労務管理事務所

ブログ

採用今むかし

今日は1月24日です。

2016年は残り342日です。

今日はこの冬一番の寒さで、肌がピリピリ痛くなるような冷たさを感じました。

手足が冷たいまま買い物から帰り、暖かいファンヒーターの前に座って、コーヒーを飲む時間が至福のひとときでした。

今日は「採用今むかし」についてです。

時はさかのぼって平成4年、18歳人口は209万人いました。

直前にバブルが崩壊し、就職氷河期に突入。

景気の低迷により、企業が採用人材を厳選するようになり、学生や中途採用者にとっては厳しい時代でした。

逆に企業にとっては、募集すれば当たり前のように応募があり、数多の候補者の中から人材を選ぶ時代でした。

この時代の採用戦略はとにかく面接重視、志望動機など自己PRがいかにうまくできるかが鍵となっていました。




時は平成27年 18歳人口は激減し、120万人になりました。

平成4年当時と比べると、18歳の人口が43%も減ったのです。

ただでさえ人が減っている中で、18歳人口のうち高校卒業割合は、89%です。

長引く不況の中で採用を控えてきた企業が、社員の空洞化による脆弱性に気づき、ここ数年採用に躍起になりだしました。

いい人材が採れなければ、企業の存続が危ういということに気付いたのです。

人口減少による採用難時代が到来しました。

その中でも大企業は、ブランド力と有利な条件で、優秀な学生を囲い込み、中小企業にはなかなか人材が回ってきません。

中小企業が今までと同じ方法で採用をして、人は来るのでしょうか?

ハローワークや採用媒体に、求人広告を載せれば、人が来てくれるのでしょうか?

生産年齢人口は激減しているのです。

人がいない中で、採用を成功させるためには、何かを変えていかなければいけません。

「募集しても人が集まらないんです。」

こう嘆く事業主様にお伝えしたいのは、「時代は変わってしまったこと。一歩でも早く手を打っていい人材を見つけるための策を講じたほうがいいこと」です。

魚のいない池で糸を垂らしても、魚は釣れません。

今までの方法で採用できないのなら、方法を変える必要があるというサインです。

今日は「採用今むかし」をお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 

↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします!


にほんブログ村

採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~18:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp


最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  採用今むかし

ページトップ