岩田労務管理事務所

ブログ

女性の就労の妨げに・・・

 

今日は12月16日です。

2015年は残り15日です
 

 

今日は「女性の就労の妨げに・・・」についてお伝えします。

 

 

 

 

 

厚生労働省は、企業の配偶者手当の制度が女性の就労の妨げとなっているケースがあるとして、配偶者の年収による支給の制限の見直しなど、手当の在り方について検討する初会合を15日初めて開きました。

厚労省の発表によりますと現在7割の企業で配偶者手当を導入していますが、所得税の配偶者控除の基準に合わせて、扶養されている妻や夫の年収が103万円以下でなければ手当を支給しないという制限を設けている企業が多く、こうした制限を理由に、扶養家族となっている女性が労働時間を抑えるなど、女性の就労を妨げているケースがあるとして見直しの検討を始めました。

年収103万円未満であれば所得税がかからず、年収130万円未満であれば、本人が社会保険の被保険者になるような働き方をしていない限り、扶養家族になれます。
 

 

また、パート労働者らの年収が130万円を超えると社会保険料の負担が増え手取り額が減る「130万円の壁」対策として、賃上げや就労時間の延長を実施した企業を対象に助成金が支給されるという検討がなされています。

 現在、年収が130万円を超えると社会保険料を支払う義務が生じ年収130万円未満の人より手取りが低くなってしまう、という逆転現象が生じています。この「130万円の壁」が主婦などのパート労働者の勤労意欲をそぐ要因になるとして、政府はその対策として助成金の支給の改革案を示しています。
 

今日は「女性の就労の妨げに・・・」についてお伝えしました。
 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 
↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村
 
 
 
 
 

 

 
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp  

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  女性の就労の妨げに・・・

ページトップ