岩田労務管理事務所

ブログ

タイプ別マネジメント

 

今日は11月30日です。

2015年は残り31日です
 

 

今日で11月も終わりです。

今年は暖かい日が続いたせいか、秋の季節が長かった気がします。

あっと言う間に今年もあと1ヶ月になりました。

いよいよ明日から師走です。

今日は「タイプ別マネジメント」についてお伝えします。

人はひとり一人違う人格であり、物事のとらえ方も人それぞれです。

ところが、人が物事をどうとらえるかということをその人の立場にたって

考えられる人というのは、そんなに多くはいません。

自分でも視野が狭くなっていると感じる時があります。

そんな時には自分の主観で物事をとらえていることがわかります。

価値観が多様化している現代社会では、上司が部下のタイプによってマネジメントを変える必要があります。

そもそも自分と違うタイプの部下を持つことがほとんどです。

自分と違うタイプの部下とコミュニケーションを上手にとりながら、部下のやる気を引き出すことは、上司の大事な仕事です。

部下のマネジメントは部下のやる気に直結し、ひいては労働生産性を上げることにつながります。上司は部下のタイプによってその人の個性ややる気を引き出す方法を知る必要があります。

部下のタイプを次の4つに分けた場合のタイプ別のマネジメント方法は以下の通りです。

1.訴訟を起こすタイプ ― 真摯に話を聞く。 こうであるはずという
              決めつけを嫌う。一目置く。
 

2. 批判的なタイプ   ― 就業規則や法令にのっとり、理路整然と
              労務管理を行う。きちんと話を聞く。

3.会社を退職しようとするタイプ - 個性を尊重しつつ、価値観を認
                   め、役割を持たせ、一緒に魅力
                   ある職場づくりに貢献してもら
                   う

4. 仕事を抱え込むタイプ   -   部下の仕事量、その他の現状が
                   どうなっているのかを把握し、
                   精神的・物理的にサポートす
                   る。

部下のタイプ別にマネジメント方法を変えたり、コミュニケーションを変えるためには、普段から部下をしっかり観察していないとできません。

一方、部下のタイプをしっかり把握した上で適切なマネジメントを行えば、余分な負荷を減らし、結果的に会社に貢献する人材を育てることになります。
 

今日は「タイプ別マネジメント」についてお伝えしました。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 
↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村
 
 
 
 
 

採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp  

 
 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  タイプ別マネジメント

ページトップ