岩田労務管理事務所

ブログ

就業規則の大切さ

 

今日は11月24日です。

2015年は残り37日です
 

 

今日は「就業規則の大切さ」についてお伝えします。

 

 

 

 

 

社内のルールブックである就業規則を定める場合において、
法令さえ遵守していれば、事業主側の主義主張を大いに盛り込んだ就業規則を作成することは可能です。

現代においてはリスク回避の考え方に基づき、就業規則の内容はより細かく、そして労使関係のトラブルがあった場合のためにより防衛的な内容になってきています。

労使間での紛争を想定すると、そうならざるを得ない一面もあります。

入社した社員が、とんでもないクレーマーである場合も想定しなければいけませんし、服装や髪形など一般常識の問題でもトラブルになることもあります。

価値観が多様になり、10年前とは社会がガラッと変わってきているので、それに合わせて就業規則も変わらざるを得ないのです。

リスク回避のために、しっかりとした就業規則を作成することと、社員を信頼することは、一見相反する行為のように感じます。

社員を信用していないから、ガチガチに防衛した就業規則を作るのだという考え方です。

実際には、それは違います。

どんな企業であれ、人を採用・雇用するということは、さまざまな労務トラブルが発生する可能性を孕んでいるのです。

ルールを守ることができない社員にとっては、就業規則は非常に面倒なものかもしれません。
しかし、ルールに従って行動のできる質のいい社員から見ると、逆にルールブックとしての就業規則がないということに不安を覚えます。

きちんとした就業規則があることによって、質のいい社員が安心できるという側面も大きいのです。

何もルールがないところで社長を信頼して働くというのは、昭和の時代のカリスマ社長ならわかりますが、価値観の変わった現代においては非現実的です。

就業規則は実は会社を守るためだけでなく、いい社員を採用し、いい社員を定着させるためのツールでもあるのです。

今日は就業規則の大切さ」についてお伝えしました。

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 
↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村
 
 
 
 
 
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp  

 
 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  就業規則の大切さ

ページトップ