岩田労務管理事務所

ブログ

学生アルバイトの意識調査

 

今日は11月12日です。

2015年は残り49日です

 

 

今日は「学生アルバイトに関する意識調査」についてお伝えします。

厚生労働省のホームページで大学生に対するアルバイトに関する意識調査が公表されました。

厚生労働省は今年の8月下旬から9月にかけて、大学生、大学院生、短大生、専門学校生のうち週1日以上、3カ月以上働いている学生を対象にアルバイトに関する意識調査を行い、1000人から回答を得ました。
 

対象者1,000人が経験したアルバイトの業種等は、コンビニエンスストア(15.5%)、学習塾(個別指導)(14.5%)、スーパーマーケット(11.4%)、居酒屋(11.3%)の順でした。
 
学生1,000人が経験したアルバイト延べ1,961件のうち 58.7%が、
労働条件通知書等を交付されていない
と回答しました。

労働条件について、学生が口頭でも具体的な説明を受けた記憶がないアルバイトが19.1%でした。

 

学生1,000人が経験したアルバイト延べ1,961件のうち48.2%(人ベースでは60.5%)が労働条件等で何らかのトラブルがあったと回答しました。

トラブルの中では、シフトに関するものが最も多いですが、中には、賃金の不払いもありました。

労働時間が6時間を超えても休憩時間がなかったなどといった法律違反のおそれがあるものもありました。

これを受けて、今後厚生労働省は学生アルバイトの労働条件の改善に向け

労働条件の確認の周知・啓発

事業主団体に対する無理な人員配置の抑制の要請

民事上の個別労働紛争についての都道府県労働局長による助言指導

労働基準監督署による監督指導の強化 

などの対策をとるということです。

学生アルバイトだからと言って法令を無視することはできません。

情報がいち早く浸透する現代においては、小さなほころびが命取りになることもあります。

学生アルバイトに不満の種を残すことは新規学卒者の採用にも大きな悪影響を与えかねません。

その意味では学生アルバイトの労働についても、慎重に対応する必要があります。
 

今日は「学生アルバイトに関する意識調査」についてお伝えしました。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 
↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村
 
 
 
 
 
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp  

 
 
 
 

 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  学生アルバイトの意識調査

ページトップ