岩田労務管理事務所

ブログ

募集しても応募がない

 

今日は10月9日です。

2015年は残り84日です

 

 

今日は「募集しても応募がない」についてお伝えします。

労働者を募集してもなかなか応募がないというお悩みをお持ちの中小企業が多くあります。

特に、工場のブルーカラー労働者、建設業の現場労働者、介護労働者等
身体を使う仕事は、人材不足が著しいと言われています。

昨今外国人労働者がどんどん参入してきている業界でもあります。

なかなか悩ましい問題であることは間違いありません。

募集しても応募がない、となると候補者の中から最適な人を選ぶということは不可能になります。

そもそも応募してきてくれるだけでもありがたい、ということになり
その人が社員として適切な人かどうかという判断をする前に
藁にもすがる思いで採用してしまうということになりかねません。

これらの企業の社長は口をそろえておっしゃいます。
昔は採用の募集をかけると応募者が何名も来て、面接も活発に行っていたと・・

しかし、今のままでもし求人がうまくいっていないのなら、
その原因を1つ1つ潰して、よりよい採用をしていくことを心がけていただくしかないと思います。

どんなに優秀な社員でも、1つ2つは不得手なことがあったり
社長から見ると未熟な点があったりします。
しかし、優秀な社員はそれを感じさせないくらい、自分の強みをしっかりと認識しておりうまく仕事に活かします。不得手なことを強調するくらいなら、それは放っておいて、得意な部分を伸ばしてもらう方がいいのです。

それと同じように、会社も自社の強みをしっかりと認識し、
それをマーケティングするように言語化してアピールすることです。
今できていないことや今足りないものを意識しすぎるより、今持っている得意分野をしっかりと活かして伸ばしていくことです。

他社に比べてなんの強みも特徴もないのだったら、アピールできることもありません。会社のアピールをすることなく、この会社で働きたいという社員は採用できないのです。

一番参考になるのは、同じ業界にありながらどんどん業績を伸ばしている会社を参考にすることです。

そういった会社は、まず自社のアピールがとても上手ですし、採用においてもきちんとした戦略を打ち立てて、”ここで働きたい”と思わせるような
アピールをしているはずです。

そして、優秀な社員を雇い入れることにより、会社をどんどん発展させています。

何事もできるところから少しずつ始め、継続することで、後に大きな差が出てきます。

労務管理の改善とともに、自社の強みをきちんと言語化して
選ばれる会社にしていくことが必要になります。

岩田労務管理事務所では採用サポートの一環として、
そんな採用の前段階のサポートもさせていただいております。

今日は「募集しても応募がない」についてお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 
↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村
 
 
 
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp      

 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  募集しても応募がない

ページトップ