岩田労務管理事務所

ブログ

平成28年1月以後の採用

今日は10月5日です。

2015年は残り88日です

今日は「平成28年1月以後の採用」についてお伝えします。

今日10月5日、マイナンバーは本日付けで住民票を有するすべての人に付されました。

平成28年1月からは、税、社会保障、災害対策の3分野の行政手続きにおいてマイナンバーが必要になります。

事業主は、平成28年1月以後、採用した社員にマイナンバーの利用目的を明示した上で、社員からマイナンバーを取得し、雇用保険や税の手続きを行う必要があります。

採用時に、新入社員からマイナンバーを取得するときに必ず必要なのが、
番号確認と本人確認です。

今まで履歴書だけで、本人確認を行わずに採用していたような会社でも
今後は本人確認の手続きが発生してきます。

平成28年1月以後は採用した社員からマイナンバーの取得を行うために具体的に必要になるのは、以下の2つの大事な確認です。

1.通知カード、個人番号カード、個人番号付きの住民票等による
  個人番号の確認 
 
  個人番号(マイナンバー)取得を正確に行うために、上記書類を確認
  する
  

2.本人確認を行う

  身元を確認するために下記の書類を提示してもらう
  
  (写真付き身分証明書)
  ・個人番号カード(番号確認を同時に行うことが可能) 
  ・運転免許証
  ・旅券
  ・写真付きの学生証
  ・官公署が発行した身分証明書もしくは資格証明書
   等で個人識別事項の記載があるもの(提出時に有効なものに限る)
                     などいずれか1点
  または
  (
本人の写真の表示のない身分証明書等)   
  ・健康保険証
  ・年金手帳
  ・印鑑登録証明書
  ・学生証
   等で個人
識別事項の記載があるも(提示時に有効なものに限る)
   のうちいずれか2点

これらの書類をマイナンバーとともに提出してもらい、番号と身元の確認を行います。確認に伴って確認書類のコピーを取ることは義務付けられていません。マイナンバーが記載された書類のコピーを取って保管する場合は、安全管理措置を講じる必要があります。


万が一、採用時にマイナンバーの提供を拒否された場合は、法令で定められた義務であること、どんな会社に就職するときも提供が必要である旨をきちんと説明します。

それでも提供を拒否された場合は、書類の提出先の行政機関の指示に従ってください。

以上今日は「平成28年1月以後の採用」についてお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

 

↓↓↓
更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp      


最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  平成28年1月以後の採用

ページトップ