岩田労務管理事務所

ブログ

間接差別の禁止

今日は7月31日です。

2015年は残り153日です

今日は、男女雇用機会均等法における「間接差別の禁止」についてお伝えします。

男女雇用機会均等法施行規則において、間接差別は禁止されています。

間接差別とは一体どんなことを指すのでしょうか?

男女雇用機会均等法における間接差別とは

合理的な理由がないのに、一方の性に対して不利益になるような次のような措置をとることをいいます。

①労働者の募集または採用に当たって、労働者の身長、体重または体力を要件とするもの

(仕事をするに当たって特に合理的な理由がないのに、こういった要件を設けることによって、一方の性に不利になりうる)

労働者の募集、採用、昇進、職種の変更に当たって、転居を伴う転勤に応じることができることを要件とするもの

(実際には転居を伴う転勤の実態がないにもかかわらず、それに応じることを要件とする場合、一方の性に不利になりうる)


③労働者の昇進に当たって、転勤の経験があることを要件とするもの

(転勤の経験があることを要件とする場合、一方の性に不利になりうる)

ということです。

昇進や昇給に男女差を設けるというような直接の差別でなくても、

間接的に一方の性に対して不利になる上記のような要件を掲げることは、禁止されています。

社会の変化により性別の垣根は昔より低くなってきました。

制度面での整備が進んできた成果ですね。

しかし、本当の意味での差別の撤廃は、人の心の中にある意識を変化させることでしかないのです。

今日は、「間接差別の禁止」についてお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚


面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決
定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。


にほんブログ村



採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp      

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  間接差別の禁止

ページトップ