岩田労務管理事務所

ブログ

応募者に興味を持つこと

今日は7月29日です。

2015年は残り155日です


早いもので、7月もあと2日で終わりです。

一日一日が高速で過ぎ去っていきます。

毎日の変化を楽しみながら、少しずつ成長していきたいものです。

今日は「応募者に興味を持つこと」についてです。

会社が新しい人材を採用するにあたって、ぜひ大切にしていただきたい視点があります。

それは、応募者に大いなる興味を持って、想像力を駆使して人物を見極めるという心構えです。

採用選考をする際に、”面接当日に履歴書を持ってきてください”

というのは、有り得ません。

履歴書、職務経歴書は、面接の前にあらかじめ提出していただき、

しっかりと目を通して、その人の人物像を把握することが大切です。

履歴書、職務経歴書というのは、応募者の経歴、資格、住所や年齢といった属性のデータを示すだけでなく

その人のある程度の性格、常識などもチェックすることができる情報の宝庫です。

手書きの履歴者の字の丁寧さや字のくせ、漢字の正確さ、職務経歴書の文章力、

そして、相手への読みやすさの配慮といった要素からも

その人がどの程度仕事に向いている人かが想像できます。

また、書類に添付された送付状から

ビジネス文書がきちんと書ける人かどうか、ビジネスマナーがあるかどうかも判断できます。

さらに、事前送付を依頼したときの受け答えや、対応の速さなども考慮すべき点です。

つまり、履歴書、職務経歴書を事前に受け取るという行為だけで、

これだけの有形、無形の情報が事前入手できるのです。

事前入手した情報である程度の人物像を予想できれば、面接時には、それを裏付ける質問をすることができます。

自社の大事な社員を選考するわけですから、

応募者には格別の興味を持って、慎重にかつ熱心に対応することです。

その熱心さによって得られる果実は、何倍もの差になって返ってきます。

今日は「応募者に興味を持つこと」についてお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚


面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持
てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。


にほんブログ村



採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp      

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  応募者に興味を持つこと

ページトップ