岩田労務管理事務所

ブログ

熱中症

 

今日は7月19日です。
 
2015年は残り165日です
 
関東地方では梅雨明けが宣言され、うだるような暑さの一日になったようです。
 
今日はこの時期に注意が必要な「熱中症」についてです。
 
熱中症はきちんとした知識と準備があれば予防できます。

急に暑くなる梅雨明け直後のこの時期に多発する熱中症。

毎年4万人以上の人が熱中症で緊急搬送されています。

特に、暑熱によって影響を受けやすい場所で働く場合には

会社が社員の熱中症予防についてきちんと指導する必要があります。

熱中症とは、室温や気温が高い中で、体内の水分やナトリウム等の塩分のバランスが崩れ

体温の調節機能が麻痺し、体温上昇、めまい、身体のだるさなどを起こす症状です。

重篤な場合には、けいれんや意識障害に至る場合もあります。

炎天下や高温での屋外作業のほか、室内の湿度の高い場所でも熱中症が起きる場合があります。

水分補給や塩分補給が必要なことは、ほとんどの人が知識としては知っているものです。

本来ならのどが渇く前に水分を補給する必要があります。

しかし、作業を進めるうちに、ついつい水分や塩分の補給を怠り

気が付いたときには、熱中症の症状が出てしまうことがあります。

また、熱中症は本人の体調にも左右されます。

睡眠不足や栄養不足などの状況では、さらに起こりやすくなりますので、

日頃からの体調管理も大切になってきます。

このところの地球温暖化で、以前にも増して熱中症になりやすい環境になっています。

当事務所の顧問先でも、数年前に熱中症による労災の療養補償給付を請求した事業所があります。

暑熱下の工場での作業中の被災でした。

肉体作業を行うため、普段から水分や塩分、氷などの準備をきちんとしていたのですが、

ご本人の体調の悪さも手伝って、朝の作業開始からほどなく

熱中症の症状が出てしまいました。

幸いすぐに事務所で横になり、念のため病院にもかかり、

重篤な状態には至りませんでした。

普段慣れているはずの作業時にも、熱中症は起こり得ます。

作業時には水分、塩分補給をしっかりして、体調が悪い時に無理をしないことも大事です。

以上今日は「熱中症」についてお伝えしました。

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。



にほんブログ村
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp      

 

 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  熱中症

ページトップ