岩田労務管理事務所

ブログ

中小企業が生き残るために

 

今日は6月16日です。
 

 

今日で2015年の2.18分の1が終わりました

今日は「中小企業が生き残るために」についてお伝えします。

厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、3月の実質賃金はマイナス2.7%でしたが、

4月は2年ぶりに上昇し、前年同月比で0.1%上昇しました。

実質賃金とは賃金から物価の伸びを差し引いた

「実質賃金指数」によってあらわされます。

2年ぶりに上昇したということは、物価上昇よりも賃金の上昇が上回ったということで

消費が改善し、景気が良くなるという一つの指標になります。

これに対して「名目賃金」とは、実際に支給される賃金のことをいいます。

4月の名目賃金指数は前年同期比で0.9%上昇しています。

これに対して、0.1%の実質賃金の上昇ということは、

単純計算でその差が物価上昇率になるということですね。

ただ、実質賃金の上昇が継続するかどうかについては

今のところ疑問視されています。

アベノミクスは、この実質賃金を上昇させ、個人消費の改善によって

景気回復を推し進めていますが、

中小企業に限って言えば、利益拡大を還元する賃金上昇ではなく、

結果として雇用を守るための、流血投資のような賃金上昇となっているケースも

多々見られます。

他方、大企業の中には、過去最高益を出している企業もあります。

これからの中小企業は、生き残りをかけて

ますます激しい競争にさらされることでしょう。

良い会社にしていくためには

さまざまな角度から見直しが必要になります。

その1つとして、正しい人を雇って、正しい労務管理を行うことは

生き残るための必要条件になります。

今日は「中小企業が生き残るために」をお伝えしました。
 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。


にほんブログ村
 
 
 
 
 
採用、CUBICについてのお問い合わせは

岩田労務管理事務所

                           
           
営業時間:平日9:00~17:00 
          事務所のURL   http://www.sr-iwata.com
    
               
〒451-0051 
               愛知県名古屋市西則武新町4-1-40  
               TEL: 
052-551-4865   
               FAX :052-565-1865 
                 Eメール: sr-iwata@sunny.ocn.ne.jp      

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  中小企業が生き残るために

ページトップ