岩田労務管理事務所

ブログ

プロフェッショナルの渡辺謙さん

 

今日は5月25日です。
 

 

今日で2015年の2.51分の1が終わりました

こんばんは。

名古屋の社労士 岩田京子です。

今日は先ほど見たTV番組、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」から

渡辺謙さんのお話です。

ハリウッド映画にも何本か出演し、あれほどの大物俳優である渡辺謙さんですが、

ブロードウェイミュージカル「王様と私」の主役を英語で演じることは

とてもつもなく大変な挑戦だったようです。

 

同作品の初代の主演名俳優、ユル・ブリンナーを意識してしまって、自分らしさが出せない
難しい韻を踏む歌を英語で歌うと、そこに気を取られて演技がぎこちなくなってしまう

夢の中でも英語をつぶやいている日々

監督からのハンパないプレッシャー

体のあちこちの痛みに耐えながらの舞台稽古

それでも渡辺さんは決して挑戦を辞めません。

”新しい仕事をするたびに、今まで築き上げてきたものをすべて捨てなければいけない”

”ルーキーにひき戻されたような感じ”

”おれってこんなに自信がなかったんだってわかった”

”情けない”

途中でそうつぶやく謙さんの姿からは大物俳優の苦悩がにじみ出ていました。

それでもかっこ悪いところも含めて全部撮ってほしいと

すべてをさらけ出して取材を受ける謙さん。

約半年間あがき続けて、

最後にはあのブロードウェイの舞台でスタンディングオベーション!

トニー賞のミュージカル部門

主演男優賞候補にノミネートされる演技で人々を魅了したようです。

渡辺さんはこの役を引き受けて半年間、New Yorkに一人暮らしし、

ほとんど外食もせず、1人でご飯を炊き、おかずも作り、

お昼もおにぎりを握って

稽古に持っていっている様子が写っていました。

徹底的な自己管理、もがきながら前を見て進む姿に

本当のプロフェッショナルを感じました。

一流の人は、自分としか勝負しないのですね。

渡辺さんほどの俳優がなかなか輩出されないのも、理解出来る気がします。

おごることなく、常に勝負し続ける姿に、本当にかっこいい!と思いました。

明日からの元気をいただきました!!

謙さん、ありがとう!!
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
 
面接だけの採用に自信はありますか?

適性検査CUBICには、次のような特徴があります。

・その人の適性・特性をより深く知った上で採用の決定ができる。

・性格傾向を理解でき、採用後の指示の出し方についても自信が持てる。

今なら初回1名無料診断実施中です。

適性検査CUBICのお問い合わせはこちら

↓↓↓更新の励みになります。よろしかったらクリックお願いいたします。


にほんブログ村
 
 
 
 
 

最新の投稿

カテゴリー

悩み相談

業務内容

お客様の声

ホーム >  プロフェッショナルの渡辺謙さん

ページトップ